用途別に車種が選べる観光タクシー

用途別に車種が選べる観光タクシー 出張先などで、突然の激しい降雨があったとき、それでも時間厳守で目的地に辿り着かねばならないケースもあるでしょう。また、見知らぬ土地での移動、大きな荷物を抱えているなど、タクシーを重宝する場面は数え切れません。乗車して目的地を告げれば、その先は全てお任せで目的地まで運んでくれる、便利この上ない移動手段です。自動車が世の中に普及して以来、どれだけ時代が変化したとしても、常に必要とされるサービス、それがタクシーです。

ですが全てのタクシーが、利用する側のニーズにジャストフィットしているとは限らず、さらにはサービス面に満足できるとは限らないのも事実です。たとえば6名の団体での利用となれば、中型車もしくは小型車での分乗が避けられません。また全てのドライバーが目的地までの道路事情に精通しているとは限らないことも考えられます。まだ経験が浅い、この土地にやってきたばかりなど、行き先を告げた直後に、こういったお断りがあると、不安的中といった経験も、多くの方が想像ができるのではないでしょうか。道に迷ってしまい、いつまで経っても目的地に辿り着けず、料金メーターの数値だけが大きくなるばかり、あるいは乗客である自身がナビゲーターを務めるなど、これではタクシー利用のメリットも半減以下です。

個人的な移動での利用であれば、まだ自分の中で我慢すれば済むことですが、これがたとえば楽しみにしていた旅行、あるいは重要なビジネスシーンで生じてしまうとなると、話が違ってきます。旅先での移動時間が分乗となれば、その間の気分の盛り上がりは半減してしまいますし、何より不慣れな土地で、運良く直ぐにタクシーを確保できるとは限りません。その上運転手が不愛想だったり、地元の土地勘に疎いとなれば、完全に意気消沈してしまいます。せっかくの旅行が、ミスマッチのタクシーを利用してしまったばかりに、結果台無しとなってしまう可能性もあります。

ビジネスシーンにおけるこうした展開は、これ以上に取り返しがつきません。時間厳守にも関わらず遅延を生じてしまう、大切な接待で相手を待たせてしまうなど、この時点で良くない状況です。さらには運転が荒い、接客対応が悪い、果ては直前の乗客の煙草の臭いや、足元に散乱したゴミがそのまま車内に残っているとなれば、結果自社の低評価にも繋がり兼ねません。VIP待遇もしくはそれに準じる対応が求められる場面では、手配する車両とドライバーの質にも、事前に細心の注意が求められて当然です。

こうしたリスクを回避するため、安全確実な車での移動に活用したいサービスとして、観光タクシーの存在が見過ごせません。観光タクシーとの総称ですが、観光地以外の全国各地のあらゆる地域での活用が可能です。利用人数や目的に応じて、バリエーションに富んだ車種が選択できるのも魅力です。たとえば10名未満の団体であれば、ジャンボタクシーの利用がおすすめです。天井の高い広い車内は自分達だけの個室空間ですので、鉄道やバスを利用しての移動時のように、見知らぬ他の乗客に気を遣う必要はありません。おしゃべりに興じても良いですし、社内秘に抵触する重要な打ち合わせを行うなど、移動時間を有意義に過ごすことができます。

その他にもVIP対応が必要な場面では、観光タクシーの黒塗りハイヤーを、少人数での移動には中型車や小型車を、車椅子の方にはそのまま乗降が可能な福祉車両と、観光タクシーは幅広い利用者への対応が可能です。気になる観光タクシーの利用金額も、予約時に見積金額を確認の上での定額制ですので、利用時間内の追加料金の発生は基本ありません。現地で臨機応変に行き先変更を伝えれば元の道路事情に精通したドライバーがしっかりと対応してくれます。観光タクシーはお抱え運転手付きの個室移動空間として、日々新たなリピーターを増やし続ける、安全便利確実な移動手段です。

最新ニュース