旅立つ前に、観光タクシーの見積もりを取ってみよう

一般に、タクシーとは、街中で乗客が手を挙げて車両を呼び止め、乗務員に目的地を告げ、距離と時間に対応した料金を支払う形態の乗用車のことで、大多数はセダン型の4、5人乗りの車種が占めています。また、こういった「流し」の車を利用する以外に、タクシー会社に電話やインターネットなどで予約を入れて、指定の時間、場所に車両を派遣してもらう利用方法もあります。予約には、その時1回限りのものから、通勤や通院に利用するといった定期的なものまで、多様な利用法があります。

タクシー乗務員は担当エリアの地域情報に精通している場合が多く、その利点を活かして生まれたのが、観光タクシーサービスです。乗客の、行きたい時に行きたい所に行けるという利便性と、大型バスや電車のように、時間にとらわれず、見ず知らずの他人と同乗しなくて良いという気兼ねのなさが受けて、昨今ではたいへん脚光を浴びているサービスとなっています。観光タクシーは、その呼び名の通り、観光名所巡りに活用できますし、食事やお土産店まで、タクシー会社が乗用の時間に応じて、入念な提案をしてくれる観光コンシェルジェサービスを提供している会社もあります。

利用は1人から9人程度まで可能で、乗客が5人以上の場合は、ワンボックス型のジャンボタクシーなども利用できます。タクシー会社によっては海外からの観光客の需要に備えて、英語や中国語のできる乗務員を揃えているところもあり、その用途と利用数は年々増加している状況です。観光タクシーを利用するには、予約が必要ですので、事前に電話か、インターネットの申し込みページから、乗車日、乗車人数、行きたいところ、食べたいもの、買いたいものなどをタクシー会社に伝えます。電話の方が、いろいろ相談できますし、その場でアドバイスももらえますのでお勧めです。

一般的にタクシーに乗ると、料金メーターがカチャカチャ上がるのが気になるものですが、観光タクシーの場合は、1時間、数時間、半日、1日など、時間指定での予約が可能ですので、事前の見積り金額よりオーバーすることがなく、安心して旅行を楽しむことができます。また人数によっては、公共交通機関や観光バスを利用する場合より割安になるケースもありますので、グループでのご旅行の際など、事前に行き先のタクシー会社を探して、観光タクシーの見積もりを取ってみるのも選択肢の一つです。地元の乗務員は毎日そのエリアを走行しており、眺めの良いところや美味しい店など穴場にも精通している場合が多いので、有名な観光地だけに限らず、大いに活用したいうれしいサービスです。